青年海外協力隊★マダガスカル日記


by yoshimi-111
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

7月11日

ちょっとした嬉しいことがありました★
私の家の玄関先には、私の知らないうちになぜかトマトの木が植わっていたのですが(大家さんが植えていた??)、引っ越してきた時にはまだ小さくて、それからさりげなく育てていました。
そしたらみるみる大きくなっていき、支えないと倒れてしまうほどになりました。そして早く赤くならないかなぁ~と楽しみにしていた実が、ついに今日!赤くなっていて、嬉しくて写真を撮ってしまいました☆
これって、私が食べていいんだよねぇ。。。??と、思いながら食べちゃいました(笑)
うちの大家さんはマジュンガに住んでいるので、マルブアイにはほとんど来ません。なので、私が育てて、自分で収穫しちゃおうと思います☆
今は乾季で、雨が降らないので、水やりを怠けていると枯れてしまうので気をつけます。

赤くなった私のトマト。おいしかったです★
c0192977_21251432.jpg



同じ日、空を見上げたらきれいな雲でした。
マダガスカルの空です。
c0192977_21281584.jpg

[PR]
# by yoshimi-111 | 2009-07-20 21:31

7月10日

マルブアイから車で約1時間の場所にある国立公園に行ってきました!
保健授業で訪問している学校の子供たちの遠足に同行させてもらったのです。行ってみたかった所だったので、私も子供たちと同じ遠足気分で行ってきちゃいました。
そこは動物園とは違い国立公園なので、サルが檻の中にいるわけではなく、自然の中に野生のサルたちがいます。
ガイドさんの説明で森の中を子供たちと一緒に歩いて回りました。ガイドさんいわく、サルたちは午後の方がエサを探しに現れることが多い、とのことでした。なので、がんばって探しながらも半分諦めかけていた。。。その時!木の上にいるサルを発見!!家族で行動を共にするということで、何匹か一緒にいました。シファカというサルで、私も写真では見たことがありましたが、やっぱり本物を見たときにはすごく嬉しかったです!子供たちに負けないぐらいのはしゃぎ様でした。。。(笑)でもあまり騒ぐと逃げてしまうので、静かにはしゃいで写真もたくさん撮りました。その後、午後になって、また間近で見られるチャンスがあり、じっくりと見ることができました。かわいかったです☆

シファカ。ジャンプして木を渡っていくのは素早かったです。

c0192977_17581740.jpg



そこから少し離れた場所にはバオバブの木が4本あり、別料金で見ることができました。マダガスカルといえば、バオバブの木!ですが、残念ながら私が住んでいるマルブアイにはなく(昔はあったそうですが)、このあたりではあまり見ることができないので、バオバブの木も近くで見ることができて、感激しました。

バオバブの木。大きすぎて、カメラのフレームに収まりきれませんでした。。。
c0192977_21101942.jpg


授業ではなく、遠足という楽しいイベントを一緒に過ごしたことで、子供たちや先生たちともまた距離が縮まったように感じました。
そしてマダガスカル気分をいっぱい味わった一日でした★
[PR]
# by yoshimi-111 | 2009-07-20 18:15

復活しました

復活しました!任地マルブアイに戻ります。
先週末に戻る予定でしたが、その時はまだ少し調子が戻りきっておらず、任地に帰ってまたすぐ調子が悪くなってしまっても、また移動するのにも大変なので、もう少しこのまま首都で様子を見てしっかり調子が良くなったことを確認してから帰った方がいいだろう、ということになり延期になっていました。

でももう調子も良くなり、帰れそうなので明日任地に戻ることになりました。
活動も何日も休んでしまったのでちょっと気になっています。
でもやっぱり健康第一なので、これからも無理はせず、体調管理には気をつけていきたいと思います。

今回は突然のことで、ブログが更新できることを考えていなかったので、アップする写真を用意できていなかったのですが、PCの中に入っていたものがあったので、ふたつほど。

マルブアイではシャレッティと呼ばれる牛車がよく走っています。
お米などの荷物を運ぶのに使われていますが、私も一度だけ後ろに乗せてもらっちゃいました★楽しかったです(^-^)
c0192977_18111962.jpg



マルブアイはお米の産地。田園に沈む夕日。
c0192977_18131461.jpg



そして、同期隊員のブログもここでちょっとご紹介★みんなそれぞれの地でがんばっています。
同期マダガスカル隊員のブログ→SATORU少年漂流記
同期モロッコ隊員のブログ→モロコタ日記
[PR]
# by yoshimi-111 | 2009-06-23 18:39

やっぱり健康第一!!

なんと先週、原因不明の高熱が出てしまいました。。。
そして任地マルブアイでは検査が不十分なので、首都タナに上がってきました。いまはタナにいます。

マラリア??腸チフス??という疑いもありましたが、タナに着いてからは症状も落ち着いてしまい、これ以上検査ができず、「不明熱」という診断になってしまいました。
マルブアイで熱が出たときには、最高39.6℃まで出て、もうフラフラでした。。。

6月初めに任地赴任3ヶ月が経過して、任地外への移動も許可されるようになり、近くの都市マジュンガにもまた出ようかなあと思っていたところでしたが、その前に首都まで来てしまいました。。。

今の時期、首都タナは寒い!!マルブアイとはぜんぜん気候が違います。
乾季はマダガスカルでは「冬」になりますが、マルブアイは朝晩涼しいだけで日中は暑いのです。
でもタナは標高が高いので、本当に冬で、とても寒いです。

健康と安全第一!!と最初から掲げていましたが、今回のことで本当に健康第一だな!と実感。。。
自分の体が健康でないと何もできないので、これからもやはり健康&安全第一!!でいきたいと思います。

日本では豚インフルが流行しているようで、私も心配しています。
みなさんも気をつけてくださいね~!
[PR]
# by yoshimi-111 | 2009-06-18 19:32

生きてます!!

お久しぶりです!約1ヶ月半ぶりの更新です。
マダガスカル情勢がまだ不安定だったり、豚インフルが流行していたりで、マダガスカルは大丈夫なのか?!と、私のことも心配してくださっていた方も多いかもしれませんが、私はケガや病気もせず無事で元気に生きてます!!ので、心配しないでくださいね~★

今回は、予防接種を受けなければいけない時期となり、2ヶ月ぶりに首都タナにやってきました。他の同期のみんなにも久しぶりに再会して、近況を報告し合っています。

配属から2ヶ月が経ち、少しずつマルブアイの町や人、そして暑さにも慣れてきました。
が、ガシ語はまだまだです。。。でも、前と比べるとちょっとは話せるようになったかなぁ。

そして家!住む場所がなかった私の居候生活も3月いっぱいで終わり、4月始めからやっと自分の家に住み始めました~!なかなかいい家が見つからず、どうなることかと思いましたが、唯一1軒だけ良い家があったので、本当に良かったです。引っ越して1ヶ月経ち、家にも少し慣れてきました。近所の人たちも良さそうな人たちで、外で元気に遊んでいる子供たちもかわいくて、和んでいます。

ただ、マダガスカルのどの家でも同じだと思いますが、虫が多い!
引っ越して最初の夜から、ヤモリとカエルの来客が。。。そして、アリ、バッタ(イナゴ?)、コオロギ、ゴキブリ、ハエ、クモ、その他、名前の分からない虫たちがよく出現して、虫嫌いな私はがんばって奮闘しています。
でも、私のコップにカエルが飛び込んできた時には、さすがに悲鳴をあげてしまいました。。。これからもがんばって格闘します!

自炊もしているのですが、マルブアイにはガスを使っている家庭はほとんどなく、みんな炭を使ってしちりんで料理をしています。私も、しちりんはもともと使ってみたかったので、ガスとしちりんの両方で料理できたらいいなぁと思っていました。が、また予期せぬ出来事があり、この1ヵ月半近くはずっと炭を使いしちりんで料理しています。。。

というのは、マルブアイにもガスを売っているところはあり、ガスは買えたのですが、ガスとガスコンロをつなぐホースと接続部がなんとマルブアイには売っていなかった。。。!
本当はそれも予想して、タナにいる間にホースと接続部も買っておいたのです。そこまでは良かったものの、そのガスの種類(メーカー?)によって、接続部も異なるらしく、私がタナで買っておいた接続部は、マルブアイのガスには残念ながら合わなかったのです。悲しい。。。(;_;)そんなこと誰も予想できないよぉ~!!と、嘆いたのですが、もうこれは炭の修行だと思うしかない!と、それから毎日、炭で火おこしをして料理をがんばっています。火おこしもなかなか難しく、最初は何本も何本もマッチを使い、奮闘していましたが、最近はその修行の成果がでてきたのか、調子の良いときは1本のマッチですぐ火をおこせるようになってきました。
今回、その接続部を買って帰る予定なので、火おこし修行もこれで終わらせると思います!

さて活動の方ですが、4月中旬頃から、前回説明したパイロット校の小学校に行き始めました。
これまでも、生徒たちに対する保健の授業は、前任の方が作成した教科書を使って、先生たちが行っていました。しかし一旦中断されていたため、その中断されていた保健衛生の授業を再開し、今はカウンターパートと呼ばれる私と一緒に活動を行っていく配属先の人と一緒に学校を訪問しています。
私たちが訪問しないと、ちゃんと授業を進めてもらえないようなのです。そして、授業・教科書をより良いものにしていくため、今は私とカウンターパートが授業を見学し、先生たちに助言をしたり、今後も教科書の改訂などを行っていきたいなぁと思っています。
活動もまだ始まったばかりで、分からないこと、やってみて初めて分かることが多く、毎日が気づきの日々です。

とにかくまだ始まったばかりなので、少しずつ、自分のできることからがんばっていきたいなぁと思っています。



つい先日、道を横切るカメレオンと遭遇!!
マルブアイに来てから何度かカメレオンは見かけていましたが、こんなに間近で、しかも道を渡っているカメレオンは初めて見たので感激してしまいました!マダガスカル人はカメレオンを怖がり、嫌っているようですが、私は嬉しさのあまり写真をたくさん撮ってしまいました(笑)
c0192977_2335476.jpg



行きつけのお肉屋さん。日本では想像できないような売り方ですよね(笑)
なるべく新鮮なものを選んでいます。
c0192977_23414858.jpg



毎日お世話になっている料理のおとも、myしちりん。
c0192977_23432813.jpg

[PR]
# by yoshimi-111 | 2009-05-13 23:52