青年海外協力隊★マダガスカル日記


by yoshimi-111
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

天使の虹☆

ある日。この時期は雨季だったので、雨がよく降っていました。(といっても、降る時はたくさん降って、降らない日が続くこともあるのですが。。。)
この日も朝まで雨が降り、午前中はやや曇り空という日でした。
午前中の学校訪問が終わり、家に着いたとき、ふと空を見上げると虹が架かっていまいた。それが、ただの虹ではありません。なんと、
c0192977_765553.jpg


分かりますか?太陽が眩しく、逆光で、しかも枠に入りきらず、うまく写真が撮れなかったのですが、なんと!太陽の周りを囲うような形で虹が架かっていたのです!
こんなことってあるんですね!日本でも見たことがなかったので、本当に感激してしまいました★まるで天使が降りてくるような空。なんて(^-^)
c0192977_793370.jpg

きっといいことあるね☆
[PR]
# by yoshimi-111 | 2010-05-10 07:13
先日、牛を殺して解体するところを見ました。
マダガスカルでは、お祝いやお祭りのときに牛や鶏を殺してみんなで食べます。
先日はマルブアイの先生たちがみんな集まって行うFety(お祭りというか、パーティーのようなイベント)がありました。盛大なもので、その時は牛を3頭殺して、みんなで食べました。

牛を絞める場面を見る、なんて日本で普通に生活していたら見られない場面です。
見てみたいような、見たくないような。。。最初は少し迷っていたのですが、せっかくのこの機会に貴重な場面を見ておこうと思い、心の準備をして見に行くことにしました。

牛を殺すのは早朝。まだみんなが集まる前に、数人で行われました。
私もドキドキしながら早起きをして出かけました。
場所はお祭りの会場となった小学校の敷地内の草むら。
「もっと近くで見たら?」と何度か勧められつつ、でもそんなに間近で見る勇気もなく、少し遠目で見学しました。

とても衝撃的でした。
牛肉は普段から食べています。牛肉を食べる、ということは牛を殺している、ということももちろん分かっています。が、やはり自分が牛肉を手にするときには、もう「牛肉」になっています。牛を殺している、ということを頭では分かっていても、実際に牛肉を買うとき、口にするとき毎回それを思い出しません。

まず男の人が数人で牛を押し倒すようなかたちで脚を縛り、暴れないように抑えつけます。
そして、横に倒された牛の首の下にバケツを置き(バケツの上に首が乗るような格好)、頸動脈にナイフを入れ、一気に血を抜きます。血抜きが終わると、脚、頭が切り取られ、順に皮を剥いでいきます。そして、内臓を取り出しながら、肉は部位ごとに手際よく切り取られていきました。

牛を絞める現場。遠目で草むらの中でも、十分伝わるものは伝わってきました。
c0192977_6854100.jpg


c0192977_6103085.jpg


牛を絞めた後、順に肉を切り取っていく
c0192977_6122068.jpg


c0192977_6142635.jpg


「牛」から「牛肉」になる瞬間を見たのです。
日本の焼き肉屋さんで「おいしい、おいしい」と牛肉を食べていた自分を思い出す。
なんとも言えない感情が湧いてきました。それは、かわいそうとか、もう牛肉を食べない、とかじゃない。牛に感謝して命をいただく、ということ。。。

牛肉を調理する。
c0192977_6163831.jpg


c0192977_6192725.jpg


c0192977_6211279.jpg


牛肉と野菜、ココナッツを混ぜて煮込んだマダガスカル料理が出来上がりました。
c0192977_623167.jpg

私は、基本的に食事は残さず食べますが、今回の体験でより一層、これからも残さず食べよう!と心に誓った日となりました。
牛を食べる、ということ。牛だけでなく全ての食べ物において、人間が他の命をいただく、ということを忘れず、これからも食べ物を大切にしようと思います。

※ここでは具体的な話や写真は控えるので、興味のある方は帰国後ゆっくりお話しますね。
[PR]
# by yoshimi-111 | 2010-05-10 06:29

防蚊対策

またまたお久しぶりになってしまいなした。。。
なかなかゆっくりネットができないのが少しもどかしい日々です。

前回の、私の生活の紹介のつづきです。(この間、載せたかった記事ですができなかったので、今回アップします)

私が住む地域は、マラリアにかかる恐れがある危険地域となっています。
なので、防蚊対策は必須 !!蚊取り線香を焚く、虫よけスプレーを使う、寝るときは蚊帳を使う、、、などなど、蚊に刺されないように注意してます。

蚊の他にもいろんな虫が出るので、案外この蚊帳に守られて安心して眠れます(笑)
c0192977_557818.jpg


事務所で支給される蚊取り線香。外国製なので、最初は効くのかな?と少し疑っていましたが、意外と効きます。
c0192977_5592051.jpg

[PR]
# by yoshimi-111 | 2010-05-05 06:12

洗濯

もちろん手洗いです。隊員のほとんどは手洗いなのでは?
手洗いの生活をもう1年以上していると、すっかり慣れましたが、やっぱり便利なものは便利ですね。首都タナにあるドミトリー(隊員用宿舎)には洗濯機があり、首都滞在中は洗濯機を使っています。その時に、やっぱり洗濯機はいーなぁ!としみじみ思ってしまいます。

      私の洗濯機(笑) 愛用のたらいです。
c0192977_20342012.jpg


ただ、水の話にも出しましたが、マルブアイの水は透明ではないので色の薄いものを洗濯すると、茶色くなってしまい、かわいそうな感じになってしまいます。。。
なので、最近はできるだけ、最初にバケツに水を溜めておき、何日か後に混濁物が沈殿するのを待って、上澄みの透明な水を使うようにしています。
c0192977_20354052.jpg

[PR]
# by yoshimi-111 | 2010-03-09 20:40

電気

電気も全ての家にあるわけではなく、通っていない家も多くあります。
これもありがたいことに、私の家には電気があります。
ただ、毎朝停電があります。12月までは朝4~8時、年が明けてからは嬉しいことに6~8時の2時間だけになりました。電力不足と思われる、計画的な停電です。
でも、この決まった時間の停電の他にも時々、突然の停電があります。
理由は詳しくは分からないのですが、機械が壊れた、と町のみんなは言っています。
12月はかなりひどくて、朝以外にも毎日毎日停電があって困りました。。。
時間帯を予告してくれることもあるのですが、予告なしのことも多く、予想できません。
日中、外に出ている時間帯なら、まだ自分の生活に支障はないのですが、夜に停電がくると、とても困ります。ろうそくを灯しても、暗いので何もできません。しかも、ろうそくを灯すと余計に暑い。。。(^-^;
c0192977_1921512.jpg

気候が涼しい時期ならまだ良いのですが、12月は本当に本当に暑かったので、扇風機も冷蔵庫も止まってしまってツラかったです。。。(;_;)
夜も暑くて熟睡できませんでした。。。電気がある時は扇風機をかけて寝て、眠れるときは眠れるのですが、それでも朝4時の停電と共に扇風機も止まり、それで暑くて目覚めることも多々。。。

ちょっと愚痴になってしまいました。。。こんな状況でもくじけないぞ~!と最初は思っていたのですが、暗闇で汗だくになっているのが毎日続くと、さすがにちょっとくじけてしまいました。

でも!こんなこと、電気もクーラーもある日本に帰ったらきっと体験しないので、この状況もそうそうできない経験だと思って、楽しむように努力しました!!(でも、結局時々くじけました。。。笑)
今年に入ってからは、突然の停電は今のところないので嬉しいです。
[PR]
# by yoshimi-111 | 2010-03-09 19:26