青年海外協力隊★マダガスカル日記


by yoshimi-111
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

<   2009年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

あと1週間

同期メンバーとの共同生活もあと1週間です。
同期は4人。それぞれの任地への配属の日が決まりました。1人だけちょっと早くて3月2日。で、私と他の2人は同じ方向になるので一緒に4日に出発の予定です。

今はドミトリーで、夕飯もみんなで一緒に作ったりしながら、ちょっと大変ながらも楽しくやっています。
市場での買い物や夕飯作りは、これから1人で生活していく前のいい修行になっています。

今はみんなで一緒にいられますが、もうすぐ別々の任地へ派遣。
例外を除いて、3ヶ月は自分の任地から出てはいけないので、当分同期とも会えなくなります。次に会うころには、みんな日に焼けて今より黒くなってるんだろうなぁ。
みんなと離れるのはちょっとさびしいけど、ひとり暮らしも楽しみ★

私の任地はマルブアイという村で、首都からは500kmぐらい離れた場所にあります。車で行くと11時間。マダガスカル全体で見ると北西の方向にあります。マダガスカルの中でもかなり暑い場所らしく、暑いのが苦手な私は今から心の準備をしています。。。
首都は高地なので、暑くても朝夜は涼しかったり、昼間でもマダガスカルの人は「暑い、暑い」と言っていますが、暑いのが苦手な私からしても、ぜんぜん大丈夫なぐらいです。日本の真夏に比べても、かなり過ごしやすいと感じます。
ただ、マルブアイは本当に暑いそうなので、もう覚悟をしています。
その村には、私とは別の職種ですが女性の先輩隊員が1人、私より半年ほど早く赴任されているので、何かと心強いです。

これから一人暮らしをするにあたり、いろいろな家具や電化製品が必要になってくるので、今週の木曜日にスタッフの方と一緒にそれらを買いに行く予定です。
冷蔵庫やベッドのマットレス、扇風機etc。。。村では買えないものがたくさんあるので、買えるものは首都で買って持っていかないといけません。
特にマットレスですが、マダガスカル人が使っているものは、普通のスポンジみたいな簡単なマットレスで、それに慣れていない日本人が使うと寝心地が悪かったり、背中を痛めたりするそう。
スプリングが入ったものは値段も高いらしいのですが、睡眠は大切!と思う人にとっては高くても質の良いものを買う価値はあるそうです。
私も、2年間健康で元気に活動するためにも睡眠は大切!!と思っているので(そうでなくても睡眠は大切だと思っていますが☆)、できればいいマットレスを買いたいなぁと思っているところです。

実際にそういう生活用品を見に行くとなると、実感がわいてきて楽しみです。
いいものが見つかるように、がんばって探してきまーす★

ちなみに、マルブアイで私が住む予定になっている家は、1階部分が金物屋さん?というか雑貨屋さんで、2階にある一部屋が私の住む家だそうです。
スタッフの方に話を聞くのみなので、まだ私の頭の中のイメージでしかないので詳しいことはまだ分かりませんが、とにかく自分の家を見るのが楽しみです(^-^)
かと言ってあまり期待しすぎると、ショックを受けるかもしれないので、ほどほどに楽しみにしておくことにします☆笑
[PR]
by yoshimi-111 | 2009-02-24 21:15

生きてます!!

みなさん、お久しぶりです!なかなか更新できなかったので、心配してくださった方々ありがとうございます。でも心配しないでください。マダガールはちゃんと生きています★

前回ブログを更新した日からずっとネットができない状況でした。治安悪化が続いていて、毎日その日の状況をみて安全を確認してからJICAからの許可が出て、移動がOKとなり、バスで移動。マダガスカル語の授業を受け、夕方にはそのまま帰宅。ということで、授業の帰りにJICAの事務所に寄ることができず、ネットもできない状況でした。ネットカフェに行こうと思っても、時間帯が合わずできなかったり。。。
でも、ガシ語の授業が全て終わったので、やっと事務所に来ることができました。ということでお久しぶりです。

前回も説明した通り、今ここマダガスカルでは大統領と首都アンタナナリボ市長の対立が悪化。大規模なデモや集会が起きていて、支持者同士の対立、暴動が続いています。2月に入ってからも、激しいデモが起こり今までにない出来事となりました。多数の死傷者も出てしまい、私もステイ先のテレビですさまじい映像を見て衝撃を受けました。その出来事は、日本でも少し報道されていたようですが。

任地研修旅行というものがなくなり、その代わりに自宅待機の間に遅れていたガシ語の授業をやっていました。そのガシ語の方は、授業は終わったものの、まだ話せるわけではなく、会話の中もまだ単語が並ぶ程度です。マダガスカル語はフランス語より簡単だと言われながらも、やっぱり初めて学ぶ語学は難しい。。。でもまぁ、任地に行って生活していけば、そのうちきっと話せるようになるかなぁ、なんて思ってます。
とにかくやっぱりマダガスカル人とたくさん話すこと!が大事だと思うので、マダ人とたくさん話して早く上達できるようにがんばります!

そして、1ヶ月間のホームステイも先週の土曜日で終わりました。パピーとマミーには優しくしてもらって、ガシ語も教えてもらい、いろいろお世話になりました。お別れはちょっとさびしかったけど、また遊びに来るよ、と約束をしてお別れしました。
ということで、今はドミトリーという隊員たちが安く泊まることができる宿泊施設で生活しています。そこにはキッチンもあるので、自炊もできます。
私たちの任地への配属は、当初2月の18,19日という予定でしたが、この危険な状況が続いているため、延期となり、23、24日と変更になったのですが、やはりまだ難しいとうことで結局2月いっぱいは首都に留まることになりました。なので配属は来月、3月です。
早く任地に行きたいのに、なかなかもどかしい状態です。

そして、ノミとの格闘ですが、残念ながらまだ続いています。。。(笑)ノミよけスプレーやノミよけクリーム、他にもふとんを干したり、寝るときにはズボンの裾を靴下の中に入れて寝る、などいろいろ試してみましたが、やっぱり刺される。。。ホームステイが終わり、ドミトリーに移ったらもう刺されないかなあ、という小さな望みがありましたが、やっぱりそこでも刺されています。最近はちょっと開き直って、もうしょうがないので、このノミと付き合っていくしかないなあ、なんて思っています。でもかゆい!!(笑)でも任地に行くまでの我慢!!

ということで、私は元気にやっています。ので、また更新します♪
[PR]
by yoshimi-111 | 2009-02-19 18:37