青年海外協力隊★マダガスカル日記


by yoshimi-111
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

元気にやっています★

3ヶ月は確実にネットができないと思っていましたが、予想外に早くもネットができるチャンスがあり、ブログを更新できています。
銀行に行く用事ができたので、事務所の許可を取り、私の任地から一番近いマジュンガという都市に出てきました。というわけで、今ネットカフェに来ています。

任地マルブアイに3月6日に到着し、ちょうど2週間が経ちました。
マルブアイの印象。

・とにかく暑い!!
・みんなのんびり、ゆっくり

という感じです。
暑いという話は聞いていたので、覚悟はしていましたが、やっぱり暑すぎる!35℃はあり、1日中汗だくです。。。首都の人たちが「暑い、暑い」と言っていても、ぜんぜん暑く感じなかった私ですが、マルブアイの人たちが言う「暑い、暑い」は、本当に暑いっ!!
でも、今週に入ってからちょっと涼しい日が続き、過ごしやすい日もあります。ただ、この暑さにまだ慣れていないのと、その暑さと涼しさの気候の変動に体がついていけてないせいか、さっそくちょっと風邪をひいてしまいました。。。でももう大丈夫!元気にやっています。

そしてビックリなことに、まだ私の家がありません。。。今は、私より半年早くマルブアイで活動をしている先輩隊員の家に居候中です。
私の住む予定だった家には、なんとまだ別の人が住んでいた!という、日本では考えられないようなことが起こっています。「困った」を通り越して、もう笑えてきます。。。(笑) JICA事務所と大家さんの間で、どう話がこじれてしまったのかは分かりませんが、もうその家には住めません。。

なので、ただいま家さがし中。日本のようにたくさん物件があるわけではなく、そして現地人が住むのではなく日本人が住むということで、安全面も考慮された良い家というものはなかなか見つからず、先が見えません。当分は居候でお世話になりそうです。

さて、ついに任地での活動スタート!
私は保健師として、地域の教育委員会にあたるCISCO(シスコ)という機関に配属になります。主な活動は、小学校を回り、先生や生徒に対する保健衛生の講習会を行う、といった内容で、具体的には手洗いやうがい等の衛生行動の指導になります。
このマルブアイ地区はマラリアや下痢症の感染症罹患率が高いのですが、住民の保健・衛生に関する意識は低いのです。
私の前任にあたる、看護師隊員の方がすでにパイロット校で、保健授業を用いた衛生教育を行っており、私がその後任としての活動をします。

ただ、とにかく言葉がまだ未熟!マダガスカル語の授業は首都で受けていたものの、実際に話せるようになるにはまだまだ。今は、ガシ語を勉強しながら、保健授業で使うマダガスカル語のテキスト(フランス語訳はアリ)を読解しているところです。

この2年間で、他にもやってみたいことはあるのですが、とにかく今はまず、このマルブアイという町に慣れる、そして配属先の職場に慣れる、人に慣れる、ガシ語に慣れる、この暑さに慣れる、、、といったことからのスタートで、活動が軌道に乗るまでには、まだまだ時間がかかりそうです。

ただ、この町の人たちはみんな、のんび~り、ゆった~りとしていて、マイペースな私には合っています。町の中は牛やヤギ、アヒルが歩いてる、、、といった、のどかなところなので、すでに私は気に入っています。(こんなに暑くなければ最高!笑)
あとは、自分の家が見つかり、早く生活が落ち着けばいいなぁと思っています。

ただもうひとつ、気がかりなのは、このマダガスカルの情勢が落ち着かないこと。以前から続いている、大統領と首都市長との対立は変わらず、大統領が辞任するとかしないとか。。。?治安が良くないのも続いています。ここは小さい町なので、首都に比べればぜんぜん平和なのですが。。。
早く、このマダガスカルの国も落ち着いてくれることを願っています。

ということで、次回はいつブログを更新できるか?
また気長に待っていてください★


私の配属先CISCO
c0192977_18334298.jpg



マルブアイは道が悪い。雨季である今は、こんなふうに大きな水たまりが。
c0192977_18365921.jpg

[PR]
by yoshimi-111 | 2009-03-21 18:40